2018年3月20日(火)

陸上競技部「2017年度 納会」

更なる飛躍を目指して! 

 3月20日(火)、陸上競技部納会を「ガーデンレストランしあわせ村じゅらく」で行いました。これは2017年度の競技結果の報告、2018年度の目標の発表、選手達の職場上司や関係者の方々へのお礼、選手一人ひとりのこの年の活躍を労うことを目的として催され、約50名が終始明るく和やかな雰囲気で楽しみました。

 選手表彰
では、「最優秀賞」を丸尾選手マチャリア選手が、 「敢闘賞」「新人賞」を高橋選手がダブル受賞しました。 また「豊鋼会特別賞」を松宮選手安田選手が 、 「OB会長賞」を寺内選手が受賞しました。

 その後、岩瀬会長、藤岡社長、労働組合西川執行委員長、平岩陸上競技部OB会長から部員に向け激励の言葉をいただきました。

 また納会の席で、2018年度から新入部員として加わる住田優範選手(日本体育大学)と山西利和選手(京都大学)の紹介と
、今年度をもって引退する 彦坂要選手に花束贈呈が行われました。

 今年度も中村選手がキャプテン、松村選手が副キャプテンが続投することになりました。
 

 10年目の采配を迎える児玉監督の総括、新年度の方針を語る姿はとても頼もしく、更なる飛躍を期待させるものでした 。
 

☆フォト☆


優秀賞を受賞した丸尾選手、マチャリア選手
 


敢闘賞、新人賞を受賞した高橋選手
 


豊鋼会特別賞を受賞した松宮選手、安田選手
 


OB会長賞を受賞した寺内選手
 


陸上競技部への期待を語る岩瀬会長
 


藤岡社長からの熱い激励!
 

       
             
            住田優範 選手

この度、愛知製鋼陸上競技部に入部させていただく、住田優範です。1年目で分からないことばかりですが、早く環境に適応して、まずはトラックで自己ベスト更新を目指し、駅伝ではチームに貢献できるように頑張りたいと思います。
 

■2018年度新入部員 住田 優範(すみだ まさのり)
 
 山口県出身、日本体育大学卒業。第94回箱根駅伝では7区で区間2位の快走を見せ、日体大の総合4位に貢献した。その2週間後、熊本県で行われた奥球磨ロードレースでは多勢の精鋭を抑えて、日本人トップの4位でゴールした。

                    
            
            山西利和 選手

本年より愛知製鋼でお世話になります。一日でも早く、世界の舞台で戦える選手になれるよう、精進いたします。これから応援よろしくお願い致します。
 

■2018年度新入部員 山西 利和(やまにし としかず)
 
 京都府出身、京都大学卒業。高校時代はインターハイと世界ユースの選手権を制覇。2017年に行われたユニバーシアード20キロ競歩では金メダルを獲得。今年行われた日本選手権20キロ競歩では日本学生新記録、大会新記録を更新する2位の輝かしい成績であった。

             彦坂要 選手
2017年度をもちまして陸上部を引退することになりました。応援してくださる方々に結果で恩返しできなかった事をとても悔しく思います。これからの人生、陸上を通して学んだ事を活かし 愛知製鋼で頑張っていきます。4年間ありがとうございました。
 

■2017年度引退選手 彦坂 要(ひこさか かなめ)
 
 豊川高校を卒業後、2014年に愛知製鋼に入社。 1年目から全日本実業団駅伝で6区を走り、犬山ハーフマラソンでは2回入賞を果たした。また、愛知駅伝では東海市の過去最高順位である9位入賞に大きく貢献した。

このページの先頭へ