選手インタビュー:丸尾知司選手
先日開催されたロンドン世界陸上で5位の成績を残した丸尾選手。現在の心境と今後の展望を語ってくれた。
 

■ロンドン世界陸上お疲れ様でした。世界の空気はどうでしたか。

 やはり、国内の大会にはない独特の空気感がありました。レースの日に近くにつれて緊張感が増していきました。

■今回レース中、最も辛かった大変だったところはどこですか。またその課題は見つかりましたか。
 

 ラスト5kmが最も苦しかったです。若干、フォームが乱れてしまい力が外に逃げてしまいました。まだ身体のバランスが悪い所があるので歩きのトレーニング、フィジカルトレーニングを通して改善していきたいと思います。
 


45km地点での丸尾選手


■何かレース以外でのエピソード、楽しかったことはありましたか。

 
特に観光には行っていないのですが、事前合宿地での練習場所に鹿が何頭もいて、しかもとても大きくて驚きました。日本にいる鹿とはスケールが違いました。他にはカメラ を持参していたので、少しロンドンの風景を撮ることができてリラックスできました。
 


BUSHY PARKにいた巨大な鹿


■もちろん3年後の東京五輪にも出場する気持ちでいるとは思いますが、その目標と今回応援して下さった方々にメッセージをお願い致します。

 

 まずは東京五輪の代表を逃さないということが大切だと思います。国内での厳しい選考会で勝利することができれば、東京五輪でのメダルも見えてくると思いますので、最高のパフォーマンスが発揮できるようトレーニングを正確に積み上げて参りたいと思います。
 今回の5位という結果は私の力ではなく、本当に多くの方々の支え、応援のおかげだと心から感じております。
長時間のレースでしたが、本当に応援ありがとうございました。
今後もアスリートとして、応援してくださる方々に感動を与えられるようなレースをしていきたいと思います。


銀メダルの荒井選手とともに

このページの先頭へ