CSRマネジメント

基本姿勢

各種法令や条例を遵守することはもとより、良き地球市民としての務めを果たすため、社会常識や良識に基づき、地域・人との関係も重視した経営を実践します。当社は、全てのステークホルダーから信頼されるCSR経営を実践するため、「CSR長期ビジョン」を制定し、CSR中期計画に基づいた施策を行っています。

CSRガイドライン

1998年に制定した「愛知製鋼企業行動指針」を2007年に見直し、グローバル経営での行動規範とした「愛知製鋼グループ企業行動指針」に基づき、アイチグループ全社におけるCSR経営のよりどころとしています。

また、当社は社内規程として「経営基本規程(2分類4項目)」「就業規程(2分類15項目)」「組織規程(2分類7項目)」「業務管理規程(10分類303項目)」を定め、関連法令や環境の変化があった場合の逐次見直しと定期的な確認・監査、制定・改定の実行をしています。

CSR体制

社長を議長とした「CSR会議(会議体)」を年1回(3月)開催し、CSR経営の確認・報告を行っています。

2016年度より、更なるCSR体制の強化を図るため、CSR会議を年2回(10月、3月)開催とし、年度中にCSR経営の中間確認・報告を行うこととしました。

CSR体制

※1 J-SOX法日本版企業改革法。米国のSOX法(サーベンス・オクスリー法)にならって日本で整備された法律で、会計監査制度の充実、内部統制の強化を求めています。

※2 内部統制コーポレートガバナンスの一環として、業務が健全・効率的に行われるよう、各業務で決められた基準や手続きに基づいて管理・監視・保証すること。特に、不正な財務会計処理を防止するための基準やしくみをつくり、それが適正に運用されていることを監査し、証明すること。

※3 AICHI Spirit愛知製鋼の思考や価値観など、心のよりどころとされる企業の「遺伝子」をわかりやすい形で表したもの(2006年7月制定)

※4 愛知製鋼グループ企業行動指針企業活動を行ううえでの日常の具体的な行動規範(2013年10月改定)

CSR全社活動計画:'15年度実績

2015年度CSR実施項目の反省・課題の抽出