愛知製鋼のモノづくり力

歯科用磁性アタッチメント マグフィット

特殊鋼開発で培った技術を歯科分野へ

マグフィットは入れ歯を固定する小型磁石で、磁石式の高度歯科治療技術(磁性アタッチメント義歯治療システム)として1992年から歯を失くした方々に好評を得ています。マグフィットは、噛む時には強い固定力を発揮し、入れ歯を洗う時には脱着が容易なため、片麻痺、リュウマチなどで片手が不自由な方、介護が必要な方でも簡単に着脱が可能です。また、磁石式のもう一つの利点は、歯根に横方向の力がかかった場合、容易に外れるため、大切な歯根を守れるシステムになっています。これまでに、日本を始め、世界各国で約250万個を提供しています。

体内で使用されるマグフィットは、人体への影響を最小限に留める設計をしています。口の中で絶対錆びない軟磁性特性の優れたステンレス鋼の開発や、米粒大にまで小型化した磁気回路設計など、愛知製鋼の持つ高度な鋼技術が活かされています。さらに、国内はもとより、多くの海外の学会・歯科医との技術交流により、新たなニーズ、例えば、インプラントへの適合など高度歯科治療技術の進化or発展に貢献しています。