熱冷複合鍛造品

主要設備
<熱間鍛造>
・全ライン対象
(3000T以下)
<冷間鍛造>
・600T プレスライン
・800T プレスライン
・1200T プレスライン
・1500T プレスライン

特長

  • 熱間鍛造と冷間鍛造の複合化により、切削加工の簡素化や廃止など切削コストの低減が図れます。特に歯形鍛造品の場合、歯形を成形するため、歯切り加工が廃止できます。
  • 複合加工のため、歯形部分の鍛流線が連続化し、強度が向上します。
  • 歯形部分の面粗さが向上するため、歯当り性が良くなります。
1.寸法【矩形】

  • 【矩形】
    (1)外径 φ170mm 以下
    (2)高さ 70mm 以下

  • 【軸物】
    (1)外径 φ170mm 以下
    (2)高さ 280mm 以下

メリット

  • これまで別体で製作されている 2部品、3部品の一体成形が可能となります。また、加工工程のネックとなる、歯形形状部の加工を廃止しています。
    (特に底付の内スプライン、加工の難しい矩形歯で有効)
  • 歯裏部の肉ぬすみ、不要部の塑性加工化などにより、部品軽量化にも貢献できます。
製品に関するお問い合わせ

お電話 営業企画部

TEL 052-603-9362

インターネット インターネットからの製品のお問い合わせは、こちらから

製品お問い合わせフォーム

※本ウェブサイトに記載がある場合でも、状況によっては受注に応じられないことがございますので、ご了承くださいませ。最新情報についてはお気軽にお問い合わせください。
なお、記載された情報は、予告なしに変更される場合がございます。