熱間工具鋼

高温で軟化しにくく、靭性も高いため、熱間・温間鍛造やダイカスト、また、最近ではホットスタンピングの金型に使用されます。

熱間工具鋼の特長

1.特性位置付け
SKD61 AUD72 AUD91 AUD61
2.化学成分・特長

AUD61 高靭性汎用熱間工具鋼(SKD61の高性能タイプ)

対応規格
アイチブランド鋼 SKD61改
鋼種名
AUD61

特長

AUD61はSKD61に比べ、靭性、熱間強度および焼入性を良くした高靭性熱間工具鋼です。

割れや欠けおよびヒートチェックで問題となる金型の寿命向上に最適です。

①靭性良好 ②耐ヒートチェック性良好 ③焼入性良好

主な用途

熱間鍛造プレス型、熱間押出型、ダイカスト型、切断刃

AUD72 高強度汎用熱間工具鋼(SKD61のワンランクアップの耐摩耗性)

対応規格
アイチブランド鋼 SKD7改
鋼種名
AUD72

特長

AUD72は、SKD7の靭性、熱間強度及び焼入性を良くした高強度熱間工具鋼です。

SKD61でヒートチェックや摩耗で問題となる金型の寿命向上に最適です。

①高温での耐軟化抵抗性良好 ②熱間強度、耐摩耗性良好

主な用途

熱間鍛造プレス型(高速熱間鍛造型、熱間密閉鍛造型、熱間押出し型)、ダイカスト型等

AUD91 析出硬化系熱間工具鋼(プリハードン鋼)

対応規格
アイチブランド鋼 析出硬化型熱間工具鋼
鋼種名
AUD91

特長

AUD91は、あらかじめ二次硬化手前で調質してあるプリハードン鋼です。

鍛造中に、被加工材の熱で型表面が析出硬化し、耐摩耗性が向上します。

①耐摩耗性良好 ②熱間強度良好

主な用途

熱間鍛造プレス型(アップセッター型、熱間押出し型)

SKD61 汎用熱間工具鋼(スタンダード鋼種)

対応規格
JIS SKD61相当
鋼種名
SKD61

特長

SKD61は、均一で微細な焼なまし組織を呈しているため、靭性が高く、ワレ、カケが発生しにくい鋼種です。

①靭性良好

主な用途

冷熱間鍛造プレス型、熱間押出し型、ダイカスト型等

製品に関するお問い合わせ

お電話 中部営業部 特品営業室

TEL 052-603-9314

インターネット インターネットからの製品のお問い合わせは、こちらから

製品お問い合わせフォーム

※本ウェブサイトに記載がある場合でも、状況によっては受注に応じられないことがございますので、ご了承くださいませ。最新情報についてはお気軽にお問い合わせください。
なお、記載された情報は、予告なしに変更される場合がございます。