環境マネジメント

環境活動推進体制

1993年6月に「環境に関する行動指針(現:環境取り組みプラン)」を制定、1996年6月には「愛知製鋼環境憲章」を策定し、目標達成に向けて、積極的に活動を展開しています。

2016年2月、製品化学物質について、禁止・制限・管理の対象が世界的に拡大方向にあることを鑑み、化学物質管理を強化するため、「愛知製鋼環境憲章」の改定および管理体制の見直しを行いました。

その推進組織として、地球環境会議が4つの分科会、地球温暖化防止部会、愛知製鋼グループ環境連絡会議を統括し、環境保全に向けたあらゆる活動を推進しています。また製造現場を持つ連結子会社のISO14001認証取得100%を目指し、指導を進めています。

環境ガイドライン

環境管理活動を推進するため、「環境管理規程」を定めています。その内容は、①環境管理の推進体制に関する事項、②「環境基本法」をはじめとする環境関連の規制(法律・条例・協定等)の遵守・管理に関する事項、③製品、原材料、副資材および設備の環境影響の事前評価に関する事項、④社会や地域における環境保護への支援および協力活動に関する事項などがあります。

環境マネジメント推進組織

環境ISOの取得状況

連結子会社における
ISO14001認証取得率
91%


愛知製鋼 1997年1月
アイチセラテック 2003年3月
愛鋼 2004年1月
近江鉱業 2004年10月
アイコーサービス 2005年1月
アイチ物流 2005年3月
アスデックス 2007年5月
アイチテクノメタルフカウミ 2010年12月

AFU 2003年4月
AFT 2006年11月
SAFC 2009年12月
AFI 2010年5月
AFP 2012年1月
AMC 取得検討中

※製造現場を持たないため、取得率目標値の対象から除外

スラグ及びスラグ製品の管理について

鉄鋼スラグ製品の適正管理強化のため、鉄鋼スラグ協会の定める「鉄鋼スラグ製品の管理に関するガイドライン」が2016年1月14日付で改正されました。
また、産業廃棄物委託処理により社外中間処理会社にてリサイクル再生されるスラグに関しても、(一社)日本鉄鋼連盟の定める「産業廃棄物処理事業者に処理を委託する鉄鋼スラグの管理指針」が同じく2016年1月14日付で改定されました。

当社におきましても、これらのガイドライン及び管理指針に則した「管理マニュアル」を遵守することで、今後ともスラグおよびスラグ製品の適正管理に努めてまいります。

なお、ガイドラインにつきましては鉄鋼スラグ協会のHPをご参照ください。

鉄鋼スラグ協会ホームページ「鐵鋼スラグ協会」のウェブサイトを開きます

産業廃棄物最終処分場維持管理

内部監査委員教育

環境マネジメントシステムを有効に運用支援する内部監査員は、2017年度は新たに29名を認定し、計233名を維持しています。また、全ての部署で2015版での内部監査が可能な体制を整えています。

環境監査結果

2017年度の環境マネジメントシステムの内部監査/更新審査の結果、重大な不適合はありませんでした。

内部監査結果

年度 2013 2014 2015 2016 2017
指摘区分 重大な不適合(件) 0 0 0 0 0
軽微な不適合
(件/部署)
0.28 0.17 0.26 0.26 0.15

外部監査結果

年度 2013 2014 2015 2016 2017
指摘区分 軽微な不適合(件) 1 1 2 2 2
改善の機会および必要
によりその他の識別
(件/部署)
24 17 51 15 24
1.04 0.81 1.11 0.88 1.00

環境保全コスト

2020年環境取り組みプラン

2016年度から2020年度までの環境行動の指針・計画である「アイチ環境取り組みプラン2020」を策定しました。「環境マネジメント」をベースに、環境活動の方向性として「低炭素社会構築」「資源循環型社会構築」「自然共生」を3大重点テーマにあげて推進します。併せて、連結子会社までのグローバルな視点を組み込んだマネジメント強化により、サステイナブルカンパニーとして社会・地球環境へ貢献していきます。

2017年環境取り組み実績

アイチ環境取組プラン2020

「環境マネジメント」をベースに、環境活動の方向性を、「低炭素社会構築」「資源循環型社会構築」「自然共生」の3大テーマとして取り組むサステイナブルカンパニー