重要課題3 安心・安全でグローバルに新しい価値を与える競争力に優れた製品の提供

アイチグループが提供する製品は、自動車の「走る」、「曲がる」、「止まる」に直結する重要部品であり、お客様により安心して製品を使用していただくために、高品質な製品を安定的に供給することが必須です。「品質世界NO.1の鍛鋼一貫メーカー」を目指し、製品に対するお客様の信頼をグローバルで得られるよう、全社一丸となって品質競争で世界をリードできる品質保証体制を構築していきます。

品質マネジメントシステム(QMS)


基本姿勢

「品質至上」の考えのもとで、ISO9001等に基づいて信頼される企業体質を構築し、お客様の期待とニーズに応える魅力ある商品を提供します。

2017年品質長期ビジョンのもと、全社一丸となって品質競争で他社をリードできる品質保証体制を構築していきます。

2017年品質長期ビジョン

品質世界No.1の鍛鋼一貫メーカーへ
-お客様の信頼をグローバルで獲得する-

  1. 全社の品質意識向上による品質保証度の1ランクアップ
  2. グローバルでの品質保証基盤強化
  3. TQM推進による品質に強い人材の育成

品質保証体制

ISO/IEC 17025試験所認定の拡大

当社は昨年、ISO/IEC17025試験所認定の拡大更新審査に合格しました。ISO/IEC17025に基づき認定された世界中の試験所は、同じ試験(同じ材料、試料)をすれば同じ結果が出る「マネジメントシステム」、「試験技術」、「試験設備」、「試験要員」を担保しているとみなされます。

これまでは分析分野の認定が主でしたが、一昨年より機械試験分野の認定にも審査範囲を拡大し、昨年の更新審査では、分析1規格、機械試験5規格が新たに認定され、合計19規格が試験所認定されました。

今回の認定により、当社の検査証明書は国際的に信頼度の高い試験値として保証され、素材や加工部品の信用度が国内外ともに高まりました。今後は環境分析の分野にも認定設備を拡大したいと考えています。

第三者機関による認証

品質ISOの取得状況

  1. 鋼材・鍛造品
    • ISO9001第17回サーベイランス審査認証(9月)
  2. 電磁品
    • ISO9001更新審査 合格(12月)
    • ISO13485[医療機器]更新審査 合格(12月)
  3. 分析・試験
    • ISO/IEC 17025拡大更新審査 合格(6月)
ISO認証取得状況
刈谷工場ISO90011993年4月
知多工場1995年12月
鍛造工場1997年11月
電磁品1998年3月
歯科用材料ISO134851999年7月
EC指令1999年7月
分析・試験室ISO/IEC170252007年9月
連結子会社
近江鉱業ISO90012002年5月
愛鋼2005年4月
アスデックス2008年6月
アイチ
テクノメタル
フカウミ
ISO90012013年3月
AFCISO90012003年4月
SAFCISO/TS169492006年8月
AIT2008年3月
AFIISO90012008年11月
AFUISO/TS169492009年9月

QMSをベースに品質ISO以外にも、各種の第三者認証を取得しています。1年または3年毎の定期認証審査を受審し、認証を継続しています。

  • 新JISマーク表示(JICQA認証)
  • 船級協会:NK、LR、GL、DNV、KR、CCS、CR、ABS
    (12月新規取得)
  • 欧州圧力容器指令(PED)、建築資材規則(CPR)
    (TÜV:ドイツ技術検査協会 認証)
  • 欧州医療機器指令 (MDD Annex v.3.2)
  • サーベイランス審査 合格(12月)

品質月間活動

毎年11月は全国品質月間となっています。次工程である“お客様”に“価値ある品質”をお届けするとの考え方を柱とし、品質大会(部門間の事例の共有化)や展示会等のイベントを開催しています。イベントを通じて「お客様第一」及び「全員参加」の考えを一人一人に普及させ、品質意識向上に努めています。

グローバル品質保証向上活動

海外鍛造拠点の品質保証体制の強化のため、各拠点品質責任者への指導強化と、各拠点毎に異なる品質課題への適切な支援を本社より定期的に行い、拠点全体の更なるレベルアップに努めています。

「品質優良賞」受賞

上海愛知鍛造有限公司(SAFC)が、トヨタ自動車(常熟)部品有限会社(TMCAP)様の「仕入れ先総会」にて、部品メーカーの品質トップ5に与えられる「品質優良賞」を受賞しました。

SAFCは、昨年立ち上がったTMCAP様向けリングギアの客先流出不良ゼロを継続していることが評価され、今回の受賞に至りました。

顧客からの評価収集

お客様からいただいた不具合情報や不具合になる前段階での情報、ご要望事項については、1件毎に調査状況やお客様への回答状況などをデータ管理しています。これによりクレームの再発防止だけでなく、コンプレイン(契約規格内不具合)についても真因を追究し、社内改善箇所の早期発見に努める活動を行っています。

営業マン教育

新規配属者と若手中堅社員を中心に、より一層のスキル向上を目的としたカリキュラム充実や外部講師による教育活動を強化しています。そして目標として掲げている「個の強化」、「仕組みの強化」を目指し、各支店+営業本部の全体で取り組んでいます。

愛知製鋼調達方針

基本方針

  • グローバルかつオープンでフェアな取引
  • 相互信頼に基づく相互発展
  • 法令遵守
  • 「グリーン調達」の取組み

グローバルかつオープンでフェアな取引

当社とのお取引に関しましては、皆様に国内外を問わず調達情報とオープンで公正な取引の機会を提供いたします。

なお実際のお取引については、品質・技術・コスト・納期に加え経営の健全性・継続的改善姿勢・体制等を総合的に検討させていただき、決定いたします。

相互信頼に基づく相互発展

当社はお取引先様との緊密なコミュニケーションによる信頼関係の構築と維持をベースに、ビジネスパートナーとして共に成長し、成果を分かち合えることを基本の取り組み姿勢としています。

法令遵守

当社は調達活動において関係する法令の遵守と、お取引先様の機密情報の管理を徹底いたします。

「グリーン調達」の取組み

当社は1996年に「環境憲章」制定以来、事業活動の全ての段階において、環境の保全に配慮し、環境保全活動の継続的改善に取り組んでいます。その一環として2003年に「グリーン調達ガイドライン」を制定し、環境負荷ができるだけ少ない製品の購入と、積極的に環境保全活動に取り組んでおられるお取引先様からの優先的購入を実践しております。