沿革

  組織・体制等 設備・技術・製品
2015年  

Dyフリーボンド磁石マグファイン®の一体射出成形技術を確立

高強度コンロッド用鋼がトヨタ「オーリス」の新型ターボエンジンに採用

アース製薬株式会社への家庭園芸用肥料の供給開始

2014年

クランクシャフト鍛造用4500Tプレスを本社鍛造工場と鍛造子会社(AIT)に建設

高圧水素ステンレス鋼「AUS316L-H2」の高強度仕様を商品化

MIセンサを応用した磁場シミュレータ「パームガウスS」の発売 インプラント材「マグフィットMIP」の販売を開始

2013年

執行役員制度を導入

ウッシャー・マーティン社(インド)と技術支援契約を締結

刈谷工場正門付近改修工事完工

高強度研削材「ASショット」量産設備を新設

水素ステーション用高圧水素ステンレス鋼「AUS316L-H2」を開発、販売

カブトムシのすむ森づくり植樹祭

2012年

愛知磁石科技(平湖)有限公司設立

アイチインターナショナル(タイランド)株式会社がピントンに移転

細系ステンレス鉄筋「ASCON-D4」商品化

2011年  

マグファイン磁粉を使い合金使用量を30%削減できる磁石製造技術を開発

「鉄力あくあF14」をサカタのタネと商品化
№3ブルーム連続鋳造機完成

2010年

関工場操業開始

アメリカ・シリコンバレーにシリコンバレー事務所を開設

ソウル市にアイチコリア株式会社設立

スマートフォン用電子コンパス「AMI306」開発ジスプロシウム無添加の新マグファイン磁紛を開発

2009年

アイチユーエスエイ株式会社にルイビルフォージアンドギアワークスエルエルシーを統合し、アイチフォージユーエスエイ株式会社に社名変更

 
2008年

台湾・台北市に愛旺科技株式会社設立

チェコ・リブレッツ市にアイチマグファインチェコ有限会社設立

「6軸モーションセンサ」を活用した携帯端末向け地下街ナビゲーション技術を開発

2007年

中小形精整リエンジ完工

「鉄力あぐりスーパー・グレート」「鉄力あぐりF10」商品化

研削材「ASショット」商品化

ニッケル再資源化施設「ブリケット製造設備」の設置

2006年

第7鍛造工場操業開始

ナノテスラ磁界検知の「高感度MIセンサ」開発

アルカリ土壌に適応できる「鉄力あぐりB10・C10」開発

2005年  

スラグリサイクル技術「ANRP法」開発
世界最小サイズのモーションコントロールセンサ「G2(ジー・スクウェア)モーションセンサ」商品化

2003年

インドネシア・ジャカルタにアイチフォージングインドネシア株式会社設立

岐阜工場を設置

新チタン合金「ASTA」開発

歯科用磁性アタッチメント「マグフィットDX」「マグフィットIP」商品化

「鉄力あぐり・あくあ」商品化

2002年

第2製鋼工場生産累計2,000万トン達成

中国・上海に鍛造合弁会社設立(上海愛知鍛造有限公司)

鍛造用金型加工事業で株式会社アスデックス設立

タイ・バンコクにアイチインターナショナル(タイランド)株式会社設立

ステンレス形鋼[スクリーンバー]商品化

高磁力、高耐熱性自動車用ネオジム系異方性ボンド磁石「マグファイン25」「マグファイン21H」商品化

2001年  

Pb(鉛)フリー快削鋼「エコスカット鋼」開発

ステンレス鉄筋コンクリートバー「サスコン」商品化

小サイズステンレス圧延H形鋼のシリーズ化

ネオジム系異方性磁粉の量産体制確立

超高感度アモルファスMI(磁気インピーダンス)センサ開発

2000年

アイチ・マイクロ・インテリジェント株式会社設立

ドイツ・デュッセルドルフにアイチヨーロッパ有限会社設立

鍛造技術の館オープン

ネオジム系異方性ボンド磁石「マグファイン18/20」商品化

1999年  

高強度クランクシャフト開発

高級刃物用ステンレス鋼「ACUTO440」開発

1998年

ISO14001認証取得全工場(知多、刈谷、鍛造、東浦)で完了

ISO9000シリーズ認証取得全工場(知多、刈谷、鍛造、東浦)で完了

チタンパター「APTY」商品化

1997年

アメリカ・ケンタッキー州に鍛造合弁会社設立(ルイビルフォージアンドギアワークスエルエルシー‘99より100%子会社化)

アメリカ・ケンタッキー州にアイチユーエスエイ株式会社設立

ステンレス鋼新酸洗技術開発、実用化

1996年  

ステンレス構造部材商品化

ネオジム系異方性ボンド磁石「マグファイン17」商品化

製鋼ダストリサイクル技術開発

1995年

フィリピンの鍛造会社を子会社化(アイチ フォージング カンパニー オブ アジア株式会社)

高強度コンロッド開発

1994年  

冷間鍛造品生産開始

高強度高靭性ベイナイト鋼開発

1993年

東浦工場操業開始

迅速浸炭用鋼開発

1992年

PM優秀事業場賞特別賞受賞

歯科用磁性アタッチメント「マグフィット600」商品化

ホットホーマ(高速鍛造)ライン操業開始

1991年

石川賞受賞

 
1990年  

50トン炉複合製鋼プロセス(EF-AR-LD-BT/CC)完成

1989年

第2棒鋼圧延工場操業開始

 
1988年  

三次元削鋼開発[クランクシャフト用に量産化]

チタン形材商品化

ステンレス形鋼精整ライン操業開始

1987年

デミング賞実施賞受賞

 
1985年  

ビレット連続鋳造設備(BT/CC)操業開始 長寿命高品質軸受鋼を協力メーカーと共同開発

1982年

第2製鋼工場操業開始

新製鋼設備(80トンEF-LF-RH-BL/CC)操業開始

複合製鋼プロセス技術開発

1980年

PM優秀事業場賞受賞

非調質鋼開発[クランクシャフト用に量産化]

1978年  

6,000トン鍛造プレス機操業開始

1964年

鍛造工場操業開始

 
1958年  

ステンレス圧延アングル商品化

1945年

社名を愛知製鋼株式会社に改称

 
1943年

知多工場操業開始

 
1940年

製鋼部門が分離独立し豊田製鋼株式会社設立(現 東海市)

 
1934年

株式会社豊田自動織機製作所(現 株式会社豊田自動織機)内に製鋼部門設置

 

さらに詳しくはこちら

愛知製鋼のDNA